これが伝説の...!

ドラゴンボーンの使命も忘れ、相変わらずスカイリムをウロウロする日々です。

先日は、滝の近くにある洞窟をふらりと訪れてみたところ、キノコが密集して生えており、気がつくと夢中できのこ狩りしてました。

f:id:chris4403:20180305170413j:plain
きのこ・キノコ・茸

キノコの重さなんて0.1とかそういうレベルなんで気にもしませんでしたが、集めまくっているとそこそこの重量を叩き出してくるので注意が必要です。集めたところでどうするのという話でもあるし。

ちなみに洞窟はファメルさんがたくさん住んでらっしゃいまして、特に理由もなく討伐してしまいました。殺生堪忍やで。

さて、洞窟をクリアして、ファルクリースあたりでのんびりしていたら、空からドラゴンが降ってきましたよ。慌てるファルクリース衛兵たち。とりあえずグレートソードを振り回し、ドラゴンを退治。

f:id:chris4403:20180305170433j:plain
街なかでドラゴン

街なかの目立つところにでっかいドラゴンの骨が鎮座する事態。邪魔だけど、骨とか鱗とかを運んで売るのには便利ですね。

ドラゴンと言えば、どこかの山道を歩いていたら、二匹同時に襲ってきましたよ。氷を吐くのと、炎を吐くの。これがいわゆるダブルドラゴンってやつですか。

f:id:chris4403:20180305170452j:plain
これが伝説の"ダブルドラゴン"...!(適当)

バシバシと、しばいていたんですが、さすがに二匹同時は辛い。辛いってことで近くにあった洞窟に逃げ込んで、しばらく経ってから外に出たところ、なぜか一匹が死んでおりました。ドラゴンソウルをノーリスクでゲットです。いやはやラッキーラッキー。

ゲームとはいえ一般常識は守らなければいけない

スカイリムを探索していると、荷物がいっぱいになってしまう。
従者に荷物を押し付けたり、いらない薬を飲んだり、或いは何故か拾ってしまった不要なものを捨てることもあるだろう。

この日は、重量オーバーギリギリで移動をかまし、クエスト依頼主に報告をしたところ、クエスト報酬のアイテムが意外と重かったために重量オーバーになってしまった。旅を助けてくれていた従者は、旅の途中でいなくなってしまっていた(死んでしまったのかもしれない)。

仕方なしに、荷物を覗き込み、使うかもなーと思って取っておいた「ヘルバウンドの首輪」を3つほど床に投げ捨てた。

すると、その場にいたNPCがその行為を非難してきた上、「落としましたよ」的なセリフと共に捨てたはずのアイテムを押し付けてきた。

f:id:chris4403:20180227133651j:plain
めっちゃ注意される

いや、いらないんすけど。

近くで捨てるとまた押し付けられるので、ちょっと距離を取ってアイテムを捨て、逃げるようにしてその場を後にした。が、ちょっと申し訳ないことをしたなーと変な罪悪感にさいなまれることに。

この気持ちを覚まそうと、酒場へゆくと、なぜか酒の飲み比べを申し込まれた。

f:id:chris4403:20180227133656j:plain
変な絡み方をされている

まあ減るもんでもないしと、勝負を受ける。

一、二杯飲むと、早くも向こうが音を上げた。弱い。飲み比べを仕掛けるならもっと強くあって欲しい。十杯くらいはいってほしかった。もやもやした気持ちを抱えて、選択肢にあった「もう一杯飲む」を選択すると、急に酔いが回ってきた。

f:id:chris4403:20180227133700j:plain
あれ...

目が覚めると、どこかの聖堂みたいなところだった。酔っ払ってだいぶ暴れたらしく、起き抜けにめっちゃ怒られた。聖堂を片付けろとも言われた。確かに色々と散らばっている。それにしてもここは何処なのか。

f:id:chris4403:20180227133705j:plain
ここはどこですか...

ひと通り片付けて、地図を確認すると、遥か西の方だということが分かった。一体何があったのか。終電乗り過ごした、わけがない。そもそも電車がない。何かの陰謀を感じつつ、街の探索を始めた。

そういえば盗賊に憧れていたのだった

RPGで「盗賊」「シーフ」に憧れる人生でした。

FFでいうと、ユフィやジダンやヴァン。コマンドに「ぬすむ」があるやつ。FFのジョブだと「シーフ」ね。
ルパン三世とかの影響もあるんですかね。正義のために戦いながらも何かを盗むっていう、善悪入り乱れた価値観の上に成り立っっている感じがすきなのかもしれません。

そんな感情を思い出させてくれる街「リフテン」につきました。

きっかけは、途中で出会ったこのヤマーズさん。

f:id:chris4403:20180222133947j:plain
誘い方が強引

呪いにかかってるというので呪いを解くお手伝いをしたら、逆ギレされて巨人退治に同行するはめになっちゃいました。素直に頭を下げられないのか、この世界の人は。


で、スカイリムを東に歩んでいった先にあったのがリフテン。

腐敗の街です。中に入ろうとするだけで賄賂を要求されたり、人の家に忍び込んで盗みを働くことを強要されたりします。

盗賊は好きだけど、こういう感じじゃないんです。盗賊というより義賊になりたいんです。という言い訳も通用せず、街をウロウロしていると、奥まったところに整形してくれる人を見つけました。

f:id:chris4403:20180222133819j:plain
整形してくれるらしいけどナチュラルに失礼だな

1000ゴールド払うと顔を変えてくれるらしいですよ。試してみたいけど、特段顔に不満があるわけではないので、また今度にしておきます。

やたらと絡まれるリフテンを歩いていると、孤児院が見つかりました。

f:id:chris4403:20180222133909j:plain
この名前は良いのでしょうか。

この名前...。いや、何も言うまい。